2018年は週1くらいでブログ更新しようと思って、結局思っただけだった東谷です。

同人サークルのほうのブログ更新も死ぬほどサボっていたのでまったく不思議ではない……。

むしろその昔mixiとかで日記を毎日書いてたアレは一体どんな原動力があったのか、今のほうが書く動機があるような気がするんだけど。


さて、タイトル。

弊社設立が2015年10月なので、今は経過としては設立から2年4か月。

その前に2014年5月から個人事業だった時期があるので、それも換算すると3年9か月。

この中途半端な時期になぜこんなタイトルのものを書くことになったか……それは「今書きたかったから」です。

そんなわけでユルめに、ちょっとおカタい起業関連のお話を少ししたいと思います。


個人事業を立ち上げたとき、私は別で活動している二次創作サークルで東京遠征していました。

新社会人1年目として企業戦士を始めていた私でしたが、すでに心の中には「離職」の2文字が浮かんでいました。

「会社を辞める」という選択肢はそこまでハッキリとした意志ではありませんでしたが、漠然と「いつまでもこの会社で働くのかなあ」という疑問が心の中にあったわけです。

そして東京遠征。

その日は珍しく酒も飲まずにカプセルホテルで横に。

その時ふと、「そうだ、ゲームとか作る仕事したい」と思ったのです。

小説を書くという行動は、ゲームシナリオ作成にそう遠くないものだと思っていました。

(実際そこまで遠くはない)

しかし当然「起業の仕方」なんて露も知らない。

私は手持ちのスマホで「素人 起業」で検索し、「個人事業主」という概念があることを知りました……。


ここまで読んで気付かれた方もいるかもしれませんが、私は経営や経済とは縁遠い生き方を送っていたのです。

個人事業主という単語を知らないくらいには。

しかしその概念すら知らなかった私ですが、その東京遠征の終わりには屋号まで考えていたのです。


長くなりそうなので、この記事ではここまで。

(2)に続きます。

それではー。