こんばんは、東谷です。

のちほど宣伝でまた別記事投稿がありますが、まあそれは宣伝なので、それはそれってことで。



法人活動以外にも、個人的にいろいろと小説を書いていたりするわけですが、

今年の大きな目標として、チャレンジしていく、というのがあります。

具体的には、賞ですね。

今から5年くらい前の話ですが、

「今年中に何か賞を取れなかったら、もう物書きやめよう」

と思った時期がありました。

簡単に言うと、ぼくには才能がないと思っていました。

書きたいから書くけど、才能がない。

だから、真面目に研究者を目指そう(そのときはまだその道が残っていた)と思っていました。

結局、ご周知のとおり賞など取れるわけもなく。

まあ、今思えば、あの文章力、構成で引っかかるはずもないのですが、

そのときは何故かすごく自信があって、落選の時は「残念だなあ」と強く思ったのを覚えています。

本当にお恥ずかしい話で。



あれから相当な時間が経ちました。

ぼくはその時の公約を破り、のうのうと小説を書いています。

それどころか、あのとき全くやったことのなかったシナリオライティングもやっています。

(実際忙しさと落ち込みで1年くらいは大して何も書かなかったけど)

今年、ぼくはもう大それた公約は打ちません。

理由は、「もう物書くのやめる」って言って、実際ぼくがやめられるわけがないから。

ただただ、ひたむきにやろうと思います。

1作はすでに、昨年末に書きあがっているものを推敲して、出す予定があります。

今年中に、あと2作は公募に出せる作品を書きます。

んで、結果を神妙な顔で待ちたい。

一歩踏み出す先がどこになるのか、純文学なのか、大衆文芸なのかはわからないけれど、

胸を張って「作家やってる」と言えるように。

それが、この1年の目標です。



頑張るぞー。